うたでおへんじ、『は~あ~い♪』

うたでおへんじ、『は~あ~い♪』

HITOMIC(リトミック)では、はじまりのお歌の前に一人ずつピアノのところに来て、おててをつないでミレミ~♪の音でお返事をいたします。

これが本当に感動の場面なのです


もちろん年齢や、お子さんのタイプ(私は個性だと思っております)、によって、初めからお声が出る方、少し時間がかかる方と様々ですが。

昨日の高輪でのリトミックで感動の  初『は~い♪』が聴けたのです♪(ノ→ܫ←)ノ

その瞬間の本人の何とも言えない笑顔と、それをみていらっしゃるお母様の感激のご様子見ている私までウルウルとしてしまいました。

家に戻り、ふと『わが子がはどうだったかな~?』と、一音会にはじめて通い出した20年近く前の懐かしいレッスンノートの束をほどいてみました。

ノート


そこには、子育てもよくわからない新米ママの私が、一人のお母さんとして1歳9か月の娘を抱っこして豊島区長崎にある、一音会に通う日々の記録がぎっしり書かれていました。

故江口寿子先生からお電話を頂いたことも記されてあり、その感激した日のこと。。昨日の事のように思い出されます。

人間として、教育者として、また一人の母として最も尊敬する、私にとっては永遠の先生です。


レッスンノート2


娘はなかなか、慎重な子供で、新しい環境に馴染めずお返事はおろか、ずっと抱っこで参加しておりました(´~`ヾ)

2歳のお誕生日の月に、そ~っと足を床におろすやいなや
笑顔で思い切り駆けた日のことは今でも忘れません。

お返事は5か月後にやっと(´エ`;)

絶対音感のレッスンも、家ではできるのに一音会でハタを手に取って「アカ~!」と声に出したのも、始めて3か月後。。。

本当に、私の方が連れて行くだけで雨の日などくじけそうになるのですが。

『ママ、あした、いちょんかい?(いちおんかい)』と、言う娘の声に励まされて通った日々でした。

同時進行で絶対音感の勉強をはじめ、その後、江口式絶対音感のインストラクターの資格を取り、娘も認定証を頂き、海岸3丁目→港南3丁目→白金高輪のひとみ音楽教室♪へと

親子で通った想い出のその地は、江口先生がお亡くなりになった今でも、かわらず沢山の親子連れの姿で賑わっています。

私の進む道は、もしかして娘が教えてくれたのかもしれません


                    にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索