吹奏楽コンクール

吹奏楽コンクール

コンクールたけなわのこの季節、昔々一緒に全国大会まで勝ち抜いた、当時高校3年生だったメンバーから(もういいお父さんお母さんですね)、高校生になったわが子の応援で東京に行くとの知らせがあり、駆け付けた当時の懐かしいメンバーにも再会しました。

suisougaku.png



今や少子化で私たちが出場した、今や吹奏楽の甲子園ともいわれる【全日本吹奏楽コンクール】には、人数が足らず、地方のコンクールまでで終わってしまうとの事。。


しかし、この度は、また新しい小編成での参加ができるコンクールに選出されたとのこと、何はともあれあの島根県の田舎から、可愛い後輩たちがやってくるだなんて。。
土曜日のレッスンを終えて急ぎ足で文京シビックホールに行ってまいりました。

私の母校は島根県立川本高等学校という、何度も日本一になった名門校だったのですが、時代の流れの中一度は廃部状態にまで落ち込み、今は学校名も変わり残念に思っておりました(島根中央高校)

suisougaku_saxophone.png
ブラス1 suisougaku_flute.png




現在の全日本吹奏楽コンクールも今は私立校の独占のようになり、公立高校が全国大会に行くなどめったにないような時代なんですね。。

すでに校名が変わってからは、もうOB達も町の方々も諦めムードが続いていたのかも。。

いつの間にか、私も帰省の際にフルートを持ち帰ることがなくなっていきました。

しかしそんな中、今年になって、南風が吹いてきたようです。

久々にみた後輩達は、制服も変わってはいましたが、あのハキハキとした挨拶と礼儀正しさと気合の入り方は昔のまま。。

本当に素朴でいい子達ばかりで、それだけで『ああ~来てよかった❤』と思わせられました。

ちゃんとスピリッツは受け継がれていたのですね

その真剣で純粋な瞳に感動いたしましたが、なんとその練習に影で力を貸してくれていたのは、あの普門館のステージの上で一緒に表彰台にあがった、私の同志でした。

時にぶつかり、時に励ましあい、呼吸をひとつにして音楽を作った仲間達、あの瞬間。。まさに青春


楽器を手にした後輩達をみていると、本当に30年以上も前(もっとか…)のあの日、あの場所、あの時間を共有した仲間達が、今そこにみんないるような気持ちで目頭が熱くなりました。

suisougaku_clarinet.pngsuisougaku_horn.png



数々の伝説を残した、公立高校は先生や生徒は変わっていったとしても、OBの力があれば例え学校名が変わったとしてもそのスピリッツは必ず受け継がれていくものではないかと・・・

そう思うのは私だけでしょうか。。

今こそOBの一人として、役に立ちたいと本当に思える貴重な時間でした。


この年になって、旧姓を呼び捨てで呼び合えるっていいな~と本当につくづく感じました。

『おう!おっしゃ~いくで~!!』という感じかな。。(*゚∀゚*)

しかし、吹奏楽って体育会系だったのですね~。今さらながら。。

私はかなり勇ましかったらしいです・・・(´~`ヾ)

遅刻したら腕立て伏せやら、正座だったな~、失敗したら足踏んづけられたり

一年生なんていつも移動は駆け足だったし(譜面台と楽器もったまま!)。。

先輩より遅れていくなど、と・とんでもないヽ(`⌒´)ノ挨拶しなかったら、そりゃあもう大変なことに

でも、今となってはもうそれも素敵な思い出です

さあ~ひとみ音楽教室♪も発表会がんばるぞ~


        にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索